プロダクトの知識をあなたに!

さまざまなプロダクトの知識をあなたに届けます!

Googleマップに広告をだすのは「ローカル検索広告」といいます【Google広告】【Googleマイビジネス】

ローカル検索広告

ローカル検索広告

Googleマップに広告を表示できるのしってました?

こんな感じで表示できるんです!

Google広告とマイビジネスが設定できれば配信できますのでトライです!

 

support.google.com

 

いいこと知っちゃいましたね。

広告が表示されないときの対処方法【Google広告】

Google広告が表示されないときに、どんな対応をしていけばいいでしょう?

 

と、様々なケースがあるので一概にいえないのが悩ましいですね。

 

しかし、公式が対応するためのページを作ってくれていました。

 

support.google.com

 

トラブルシュート

トラブルシュート

 

YouTubeチャンネルをつくれるのは何歳から?【YouTube】

YouTubeにチャンネルを作りたい人から相談を受けたのですが、なんと7歳でした。

じつは、YouTubeはKidsなどの場合を除き、13歳以上であることを利用者の前提としています。

 

ですので、チャンネルを作成したい場合は、13歳になるまで待つか、大人の人と協力するなどの作業が必要ですね。

 

これで解決ですね。

問題のある広告を報告する窓口まとめ【ウェブ広告】

ウェブ広告をみていると、この広告良くないな、と思う広告に出会うかもしれません。

そんなときは、報告をしましょう!すると、審査などに再度かかり、問題があれば広告は配信されなくなります。

 

いくつか、代表的な媒体の報告窓口をまとめておきます。

 

Google広告

 

support.google.com

 

Facebook広告

www.facebook.com

 

Twitter広告

help.twitter.com

 

Yahoo!掲載ガイドライン違反報告フォーム

forms.business.yahoo.co.jp

 

Yahoo広告の非表示

feedback.promotionalads.yahoo.co.jp

ウェブ広告の見積もりが欲しいときはどうすればいい?【ウェブ広告】

Google広告やFaceBook広告を配信する際に、配信前の見積もりが欲しいときがありますよね。補助金の申請などに使うケースもありますし、社内稟議を通すときにも必要です。

 

そんなときにどうすればいいのか?

 

各種ウェブ広告の媒体が用意しているツールを使って見積もることもできるのですが、ウェブ広告は様々な配信条件などでクリック単価などが変わってくることが普通です。

 

そのため、プロの広告代理店に依頼して見積もりを作るのが一番といえます。

その際に、各社の手数料の仕組みなども踏まえた見積もりをもらうようにしましょう。

 

ツールなどで自分で見積もると、実際にそのとおりに行かなくて困ってしまうことなどもありえます。

 

目的は補助金をもらうことではなく成果を出すこと、そう考えればきちんとプロから数字を出してもらいましょう。

 

これで解決ですね。